ベランダ工事中

 飼い主宅のベランダは、今年の夏の初めから、改修工事のためベランダガーデニングも睡蓮鉢のエビの園も一時中止、全て移動されました。  飼い主の奥さんは、洗濯物が思うようにできないと嘆いておりましたが、私たちミナミヌマエビは存亡の危機を迎えてしまいました。  このままでは何処かに廃棄されるのでは?近くの川に棄てられるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祭りの金魚

 今年も飼い主の娘が、秋祭りで金魚を掬って持ち帰ってきました。何度挑戦しても長生きさせられない「お祭りの金魚」ですが、今年も慎重に飼育されております。  本日で2週間ほど経過、☆になったのは2匹、他は至って元気です。果たして飼育記録更新となるでしょうか? 本日も最後までお読み頂き有難うございます。これからも応援お願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀餌自家栽培

 冬に備えて、リクガメ小町の餌になる、野草や多肉植物を自家栽培する準備が始まります。  準備と云っても、ベランダのスペース確保なのですが。  1枚目は、今年から育て始めた、食用の『ウチワサボテン』です。子株がニョキニョキ伸びてきています。  こちらも今年から始めた『子宝草』。名前からも繁殖力に期待が持てますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ・リクガメの食事

 猛暑の夏、ベランダのギリシャ・リクガメの小町は元気です。  今日も飼い主の用意した餌をモリモリ食べています。  今日のメニューは、飼い主の食卓用の小松菜、モヤシ、リクガメの餌用に栽培しているアロエ、飼い主があちこちから採集してきた野草(タンポポ、ノゲシ、ヤブガラシ)の盛り合せです。  ここへ来てから5年と少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯魚の中の熱帯魚

 ようやく水槽の撮影を再開した飼い主。あい変らずの下手くそですが、どうかご勘弁願います。  現在、水槽は90cmのみ。CO2の添加はやめて、丈夫な水草だけ植えられています。水槽のメインは、飼い主曰く「熱帯魚の中の熱帯魚」エンゼルフィッシュです。  飼い主は、「熱帯魚の王様」はディスカス、「熱帯魚の女王」はネオンテトラ、じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい餌

 飼い主が新しい餌を買ってきました。日本動物薬品の『メディフィッシュ』。細粒状の沈下性タイプ。  「食いつき」も非常に良いのですが、浮かんでいる時間と、沈むスピードが絶妙で飼い主も納得。今回「ご紹介しよう」となりました。  色は、オレンジ色に近く明る目です。粒の大きさが1ミリより一回りくらい大きく、Sサイズのカラシン等に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の虫

 今日は飼い主のお休み。久しぶりにベランダに出て、ブルーベリーを収穫しています。  今年は、数こそ少なかったようですが、「大きくって甘い」と飼い主はご満悦です。  ブルーベリーを収穫してからベランダの掃除。空の植木鉢などを片づけていたら…植木鉢の下から虫の死骸が!!冒頭の画像がそれです。  羽の長さは4センチくらい。カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつの間にか

 休眠状態が2年も続いてしまった、この日記。  飼い主がfacebookとやらにはまってしまったり、突如転職したりと、私の日記どころでは無かったと云う事情も、私なりには理解しているつもりですが…  その間に、私たちミナミヌマエビは90㎝水槽では壊滅!ベランダの睡蓮鉢のみで細々と暮らしております。一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベランダの夏

 いよいよ本格的な夏の到来です。焼けるような強烈な日差しに苺の実も、日毎に真っ赤に染まっていきます。  数日前、ほのかに色づきだしたブルーベリー・ケープフェアの実も、  夏の日差しで、すっかり食べ頃です。  よく見ると…あちこちに食べ頃の実が成っています。今夏は豊作でしょうか?  一方、こちら…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

おや…と思ったら

 90cm水槽の苔生した茂みの辺りに、何やら小さなお魚が泳いでいます。何かの幼魚のようです。  ここの住人の誰かが、産み落としたものに違いありません。  よく観ると…何匹か見つけることができました。ところで、この幼魚の親は誰なのでしょう?姿形から連想するに、この水槽の現親分、下の画像のメロンバルブ辺りでしょうか?若しくは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

訪問者たち

 この時期のベランダを訪れる生き物たちの紹介です。  この虫はてんとう虫の幼虫。飼い主は、この子たちが来ると喜びます。何故かと言うと…  こいつらを食べてくれるからだそうです。草木の栄養を吸い上げるアブラムシの仲間。彼らは毎年毎年、何処からとも無くやって来て、飼い主を悩ませています。  アメリカフヨウの葉には、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食欲の夏

 気温が上昇するに従って、リクガメ小町の食欲は増して行きます。  本格的な夏を迎えるまで、ベランダ放牧は日中だけ。放牧前に朝ご飯を与えます。  本日の目玉は大好きなプチトマト!!もの凄い勢いでかぶりつきます。  週に1~2回のご馳走を瞬く間に食べつくします。  ベランダへ出すと気持ち良さそうに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梅雨の晴れ間

 リクガメ牧場は、ベランダの内でも雨の当たる場所に配置されているので、このところ降り続ける雨のせいで放牧は見送られていました。そんな梅雨の中、久々の晴天。飼い主は、早速、小町の体重測定をしてベランダへ。  体重509g、甲長141mm、甲幅105mm、甲高71mm、去年の6月より、甲羅は2mm位しか成長していませんが、体重…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

放牧間近

 あいにくの梅雨空で眩しい緑と云う感じではありませんが、春先から準備してきましたリクガメ牧場では、クローバーの種が芽を出し、移植した野草たちもすくすく育っている様子です。  上にある植木鉢は多肉植物のルビーネックレスとミカツキネックレス。鉢ごと置いて移植を図っています。この画像は4月下旬。  5月になるとハコベやノゲシの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボーダー?ストライプ?

 今回は、ユニークなニューフェイスの紹介です。  プンティウス・ジョホレンシス、別名ストライプド・バルブと言うコイ科の魚です。ニューフェイスとは言っても、この水槽にやって来たのは2010年3月、既に1年以上経過しています。この画像は購入直後のものですが…  こちらが現在のストライプド・バルブ…あれ?ボーダー柄がストライプ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

睡蓮鉢にも緑が

 ベランダ睡蓮鉢のアマゾンフロッグピッドも、ようやく新芽を広げ始めました。冬の間に殆ど溶けて姿が見当たらなくなるのですが、春の日差しと共に復活します。  こちらはオオサンショウモ。モコモコと増殖中です。  昨年の残暑では強過ぎる日差しのためか、このモコモコが溶けて小さな葉ばかりが広がっていました。現在くらいの温度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リング・ローチ

 1年半くらい前に90cm水槽にやってきた、新たな底モノ『リング・ローチ』。ご覧の通りドジョウの仲間です。  現在4cmくらいですが、図鑑などでは6cmくらいまで成長するそうです。  ちょこまかと泳ぎ回る姿は、日本のドジョウとは違う魅力があります。  普段は物陰に潜んでいて、私たちエビや他の魚に干渉することも少なく比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪獣化

 ここへ来てから3年目のリクガメの小町。何だか、随分風格が出てきましたね。ちょっと怪獣みたいで、怖い感じさえします。  野菜や野草をモリモリ食べて、どんどん大きくなるコマチ。  もう直ぐ室内のケージから、ベランダのリクガメ牧場へ移ります。お日様の力をたっぷり浴びて、更に大きく成長してくれることを、飼い主も私も願っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

快い季節

 冬の間、具合の悪かったブルーベリーでしたが、春の日差しを浴びて幹から新芽が!元気になってくれると良いのですが…。  こっちにも!何だか、私まで元気になってしまいます。  リクガメ牧場のハコベもニョキニョキ育っています。美味しく育つと良いですね。  少し前に飼い主がまいた、シロツメ草(クローバー)の芽も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンゴラ・バルブ

 久しぶりに更新します。とは言え、直ぐまた冬眠(夏眠?)に入るかも知れません。とりあえず、お気に入りの画を貼っておきます。  アンゴラ・バルブです。現在、全長3cmくらいで、ここへ来てから3ヶ月くらい経過していますが、中々大きくなりません。  最大7cmくらいに成長するそうですが、未だ小さなためか、臆病で餌食いも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プンティウス・ロムボオケラートゥス

 プンティウス・ロムボオケラートゥス、何度呼んでも舌を噛みそうな呼びにくい名前ですが、彼らもここへ来てから10ヶ月ほど経過しました。一回り、否、二回りくらい大きくなったでしょうか?  画像の2匹は、この水槽にいる全て(6匹)のプンティウス・ロムボオケラートゥスの内一番強いペアで、体格も発色も一番なのですが、腹回りがしっかり…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

ドレイプトフィン・バルブ

 今回もニューフェイスの紹介です。  ドレイプトフィン・バルブ、コイ科の魚です。大きさは現在3cm位、もう一回り程度大きくなるようで、熱帯魚図鑑では全長4cmとあります。  画像では上手く伝わりませんが、光の加減で鱗が黄色く輝き、蝶の羽の様な背びれはヒラリヒラリと、とても目立ちます。  背びれが発達するのは雄で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

混じり抜き?

 90cm水槽に移される前、水槽内で一番たくさん泳いでいた魚はネオン・テトラでしたが、丸2年以上も経過すると、さすがに多くが★に…華やかな彼らが少なくなると、水槽内は水草ばかり、寂しい感じは否めません。  そこで次代の『水景の華』として昨年の9月に導入されたのが、画像のラスボラ・ヘテロモルファ、ラスボラ・ヘテロモルファの改良品種の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再開

 またまた長い休眠生活に入っておりました南エビ蔵の日記ですが、いつの間にやら世間は謹賀新年を迎え、新しい年も半月ほど過ぎておりました。飼い主のぼやきによれば「このところの不景気の影響で、気の重い仕事が増えてしまい、とてもBlogの更新を手伝える気分じゃなかった」とのことですが、単に「面倒臭かった」と言うのが正直なところと思われます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

90cm水槽のその後

 僕らの新天地、90cm水槽の近況を撮影しました。  景観としてはまだまだ未完成ですが、植えられた水草たちは元気に成長している様子です。  75cm水槽から移植されたクリプトコリネ・ウエンティ・グリーンは、少し苔生した葉もありますが、新しく元気な葉を広げ始めました。  同じく75cm水槽から移植されたパールグラ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

花火

 数日前、近所で花火大会が開かれました。飼い主は仕事柄、毎年この日は大忙し。花火の観覧客に備えます。  この写真は、打ち上げ会場へ足を運んだ飼い主の家族が撮影したものです。  僕らエビには良く分かりませんが、確かに花の様ではありますね。  花火大会の会場は、僕らの暮らすマンションにとても近いため、花火の破裂音がうるさい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新天地

 前回ご紹介しました睡蓮鉢の仲間たち(ミナミヌマエビ)、現状どのくらい定着しているのか?金魚やメダカが同居する環境で、今後も繁栄し続けることができるのか?同じミナミヌマエビとしては、実に気になるところです。  現状を探るため、飼い主にお願いして、コリドラス君用の餌を仕掛けてもらいました。  すると…想像以上にワラワラやってきます…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます。

 夏の強い日差しにリクガメの小町も元気いっぱいの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。  飼い主は、ベランダの花たちを眺めながら、キンキンに冷えた缶ビールを早朝から楽しんでおります。彼の生活サイクルでは、朝のアルコールでも晩酌に当たるのでしょうが、向かいのマンションにお住まいの方々の目には、年中休暇中の怪しい親爺に映っ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

今年も

 アメリカフヨウが花を咲かせました。  今夏も、桃色の花が先に開花しました。同じ鉢に植えられた白い花を咲かせるアメリカフヨウも、つぼみをたくさんつけていますから、そろそろ開花でしょう。  地中で株が広がっている様子で、現在の鉢では窮屈そうです。  飼い主は「来年の春には株分けしなきゃ」と言っていますが、鉢植えとしては大…
トラックバック:3
コメント:12

続きを読むread more

新しい棲家

 最近僕らは、10年近く過ごした75cm水槽から新しく購入した90cm水槽に引っ越しました。新居は、幅90cm、奥行き45cm、高さ50cmの広々した水槽です。  画像は、引っ越してから数日経過したものですが、75cm水槽から水ごと、殆んどそのまま移設したお陰か、水の透明度も以前より良い感じ。飼い主も一安心です。水草を間引きしすぎ…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more